相続について最低限知っておくべきこと

相続に関して最低限知っておくべきことの一つに遺言があります。どうしておくのが有効かということと、受け継ぐ人の権利という二点は是非承知しておいたらいいでしょう。
まず、遺言ですが、受け継ぐ人が多かったり、複雑な家庭環境にあるような場合は、自分の意思に反して揉め事になってしまうことがあるので、遺言書という形で、残しておくのが賢明な方法です。存外手続きは簡単で、近くの公証人役場に出向き、公正証書を作ればいいということになります。担当の方が親切に指導してくださるので、面倒なことはありません。一つあるとすれば、立ち合ってもらう人が必要だということくらいでしょうか。
賭け事に狂った息子やサラ金での借金地獄を繰り返している娘などを抱えている場合は、そのほかのいわば健全な生活を送り、親の面倒を見てくれる子供たちに限定して受け継がせたいと考えるのは、親として当然でしょう。となると、遺言書にそのことを盛り込んで一安心したいという気持ちになることは自然のなりゆきです。
ところが、あげたくない子供に一銭もあげなくてもいいということにはならないので、この点だけは注意が必要です。たとえ公正証書に記載したとしても、遺留分という制度があり、「0」ということにはなりません。
これらも踏まえて、あらかじめいろいろな対策をとっておくことが必要になります。

コメントは受け付けていません。